フリーWi-Fiは危険!?気を付けたい設定・セキュリティ対策

こんにちは、ベストスポーツです。

外出先でもノートPCやタブレットを利用したい、という時に考えるのが無線LANの利用です。
その一つの手段としてモバイルWi-Fiがあることは前回お話しましたが、
「街中のフリーWiFiでも十分じゃない?」というお声も。



しかし、無料で利用できる便利なフリーWi-Fiにも危険が潜んでいる恐れがあります。

本日は、フリーWi-Fiに接続する際に気を付けるポイントをご紹介していきます。


フリーWi-Fiの危険性

提供元不明のアクセスポイント


フリーWi-Fiの中には、誰が提供しているか分からないアクセスポイントも存在します。
一般的に野良Wi-Fiと呼ばれ、暗号化等が行われていないことが多いです。
こうしたWi-Fiには接続するだけでウイルスに感染したり、乗っ取られる危険性があります。
お店やホテル、企業等、提供元が明確でないアクセスポイントには接続しないようにしましょう。


個人情報を覗かれる可能性がある


提供元のはっきりしているフリーWi-Fiであっても、
パスワードがなかったり、パスワードがあったとしても共通のものを使うフリーWi-Fiでは誰でもアクセスができます。
そのため、悪意あるユーザーに通信を介して個人情報を覗かれる可能性があります。
フリーWi-Fiに接続する際は、通販やネットバンク、お問合せフォームなどの入力など、

インターネットを介した取引は避けるようにしましょう

また、「http」から始まるサイトでは通信が暗号化されていないため、フリーWi-Fi利用中は、

出来る限り「https」から始まるサイトにだけ接続するようにしましょう。


まとめ
フリーWi-Fiは上記のようにリスクがありますが、
どうしてもフリーWi-Fiを使用しなければならない場合もあるでしょう。
その場合には、以下のような点に気を付けましょう。

・提供元のはっきりしたアクセスポイントのみに接続する
・Wi-Fiの自動接続を切り、野良Wi-Fiに勝手につながらないようにする
・フリーWi-Fi利用中は個人情報を入力しない
・フリーWi-Fi利用中は「https」から始まるサイトにのみ接続する


移動中や外出先でインターネット接続が必要になった時、
フリーWiFiは無料で使える反面、危険性があります。
レンタルWi-Fiであれば、レンタル料金はかかるものの、一人一人にSSIDとパスワードが割り当てられているので、安心して接続することができるでしょう。

当店では、1日から借りられるレンタルWi-Fiをご用意しています。

気になる方はこちらからチェック!↓↓

https://bestsports.jp/collections/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%ABwifi

ブログ